イベント情報

火星の二人

大ホール 5月2日(水) - 5月3日(木)

火星の二人
■時間

5月2日(水)18:30開演
5月3日(木)13:00開演
※開場は30分前

■料金

S席 9,500円(税込) A席 8,500円(税込)
※未就学児のご入場不可

■発売日

2018年01月27日(土)10:00~

■主催

テレビ愛知、キョードー東海
■共催:刈谷市・刈谷市教育委員会・刈谷市総合文化センター(指定管理者:KCSN共同事業体)
■企画・製作:東宝、キューブ

■お問い合わせ

キョードー東海 052-972-7466 月~土10:00~19:00(日・祝休)

公演内容
竹中直人、生瀬勝久がタッグを組む話題の演劇シリーズ
“竹生企画”第三弾
好評発売中!

【イントロダクション】

生瀬勝久のなかに芽生えた「竹中直人さんと二人芝居がやりたい!」という俳優ならではの「欲望」。そんな「欲望」を発端に、屈指の超個性派俳優であり、クリエイターでもある竹中・生瀬二人のユニット「竹生企画」は誕生した。 当時、竹中が「一緒に芝居づくりを」と熱望していた倉持裕を劇作・演出に招き、ヒロインには竹中・生瀬の二人がぜひ舞台で共演してみたい旬な女優さんを迎えるというサブ・ルールを携え2011年に始動。

第一回公演『ヴィラ・グランデ青山~返り討ちの日曜日~』は、ヒロインに初舞台となる山田優を迎え、東京・シアタークリエ他、国内8都市を、2015年の第二回公演『ブロッケンの妖怪』では、ヒロインに同じく初舞台となる佐々木希を迎え、東京はシアタークリエとシアター1010の2カ所で上演し、北は岩手、南は鹿児島まで、全国10都市を巡り、両作品ともに倉持裕独特の物事を独自のシニカルな視点で切りとり、緻密なストーリー展開を保ちながら、竹中、生瀬をはじめとする個性的な出演者たちの絶妙な台詞の応酬と間で観客を引きつけ好評を博しました。

そして、いよいよ2018年春、竹生企画が三たび実現します。
個性派度合いがますます増している竹中、生瀬の二人を、舞台のみならず近年はTVドラマの脚本なども手がける作・演出の倉持裕がどう料理するか。
そして今回のヒロインには、女優としてはもちろん、歌手としても大活躍中の上白石萌音、さらに高橋ひとみ、前野朋哉、池岡亮介の出演が決定。
透明感のある演技に定評のある上白石や一筋縄ではいかないキャストたちと、個性派俳優のトップランナーである竹中、生瀬の激突にどうぞご期待下さい。


【ストーリー】

大事故から奇跡的に生き延びた男(竹中直人)は事故の後、廃人の様になっていた。
そして彼の息子も人が変わったようになり、その恋人(上白石萌音)は悩んでいた。
そこに、やはり同じ事故から生還した男(生瀬勝久)が訪ねて来る。
生死の境が曖昧になってしまった男と、同じ経験からむしろ活力をみなぎらせている男の、
終わりなき口論から垣間見える、生き抜くことを巡る物語。


作・演出:倉持裕

出演:竹中直人 生瀬勝久 上白石萌音 池岡亮介 前野朋哉 高橋ひとみ

公式サイトhttps://kaseinofutari.amebaownd.com/


【チケット取扱】

■キョードー東海 052-972-7466
■キョードー東海TICKETS ONLINE
■刈谷市総合文化センター 窓口 10:00~21:00 ※電話受付はありません。
■刈谷市総合文化センター HP  ※ネット会員の登録が必要です。(無料)
(チケットのお申込み方法は こちらをご覧ください。)
■チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:483-762)
■チケットぴあ発売日特電 0570-02-9544
■ローソンチケット 0570-084-004(Lコード:43096)
■ローソンチケット発売日特電 0570-084-645
■CNプレイガイド 0570-08-9999
■イープラス(e+) http://eplus.jp
■セブンチケット セブン-イレブン店内マルチコピー機








刈谷市総合文化センター

■住所

〒448-0858
愛知県刈谷市若松町2-104
TEL:0566-21-7430
FAX:0566-21-7440
mail:info@kariya.hall-info.jp

■受付時間

施設利用受付:9時~22時
チケット販売受付:10時~21時

■休館日

毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時
休館する場合があります。

モバイル版刈谷市総合文化センター

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。