MENU

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

  • 標準

ギャラリー展示/ Ni Una Menos ニ ウナ メノス - ラテンアメリカと日本 わたしたちをつなぐフェミニストアート

展示ギャラリー 2023年3月24日(金)~3月28日(火)

ラテンアメリカx社会課題xアート。市民の声から、わたしたちの今をを考える。

 

「ラテンアメリカ」「フェミニズム」それぞれの言葉にどんなイメージがあるでしょうか。

この展覧会では、ラテンアメリカ(メキシコ以南のアメリカ大陸、中南米地域)と、日本を拠点に活動するアーティストグループ「闘う糸の会」メンバーによる作品、市民協働で制作された作品の記録などを通じ、地球の反対に位置する地域が抱える、日本と共通のジェンダーに関する課題や独自の動きについて触れていきます。性差別がもたらす不当な状況に対し、知性とユーモア、寄り添う優しさを交え、はっきりと意思表明するアーティストの表現は、これからの時代を芯を持って生きるヒントになるかもしれません。 展示会期前には、展示中紹介される作品を追体験できるワークショップを開催します。ジェンダー平等について関心が高まる今、この機会に、ぜひ足をお運びください。

 

The Clothesline in Kariya 展示風景(2021)

 

2022年度愛知県文化活動事業費補助金交付事業 「 フェミニストアートを通じた日・南米諸国 双方の文化芸術振興事業 」

川村文化芸術振興財団 2022年度「ソーシャリーエンゲージドアート支援」 対象プロジェクト

参加作家

アーティストグループ「闘う糸の会」: 

 岩間 香純(いわま かすみ)

 フェミニスト手芸グループ 山姥(やまんば)

 Our Clothesline with Mónica Mayer(アワークロースライン ウィズ モニカ・メイヤー)

 

闘う糸の会ウェブサイト https://www.tatakauitonokai.com/

 

ラテンアメリカのフェミニズム講座&バンダナ制作ワークショップ

エクアドルを拠点に活動するアーティスト岩間香純を招き、ラテンアメリカのアクティビズムとフェミサイド(女性であるために起きる殺人事件)についてのレクチャーや、受講者同士のディスカッションを交え、ラテンアメリカでフェミニズム運動の象徴として用いられる緑のバンダナを使ったアート制作(メッセージ入りバンダナの制作)を行います。 完成作品は展覧会の会期中、ギャラリーで展示します。

 

日 時: ①3月18日(土) 13時30分~16時30分

     ②3月19日(日) 10時~13時

会 場: 刈谷市総合文化センター3階 創作活動室1

定 員: 各回 8 名

参加費: 無料

 

<申し込み方法>

2月22日(水)までに、専用フォームからお申し込みください。

【お申込みはこちらから】

※応募者多数の場合抽選。定員に満たない場合は締切後も申込を受付することがあります。

※電話・メール・FAXでの申し込みはできません。

 

展示概要

時間

11:00~18:00

※最終日は16:30まで

料金

無料

主催

刈谷市

刈谷市教育委員会

刈谷市総合文化センター(KCSN共同事業体)

共催

Our Clothesline with Mónica Mayer、

岩間 香純、フェミニスト手芸グループ 山姥 (闘う糸の会)

協力

坂上香、SOSHIREN女(わたし)のからだから、unlike. (アンライク)、

Sister (シスター)、Mujeres de Frente (ムヘレス デ フレンテ)

後援

在日メキシコ大使館

お問い合わせ

刈谷市総合文化センター

電話:0566-21-7430

刈谷市文化センター アイリス

住所
〒448-0858 愛知県刈谷市若松町2-104
開館時間
9:00~22:00
施設利用受付時間
9:00~21:45
チケット販売受付時間
10:00~21:00
休館日
毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時休館する場合があります。
お問い合わせ
TEL:0566-21-7430 FAX:0566-21-7440

PAGETOP