MENU

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

  • 標準

ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

大ホール 2019年3月22日(金) - 3月24日(日)

このイベントは終了致しました。

POPでROCK!日本を感動と興奮で席捲したメガヒットミュージカル、待望の再演決定!


シェイクスピアによって書かれた、不朽の名作「ロミオ&ジュリエット」 ジェラール・プレスギュルヴィックの物語を奏でるような情熱的でロマンチックな音楽により、 2001年1月にパリのパレ・デ・コングレ初演が大成功。 その後スイス、ベルギー、ロンドン、モスクワ、ウィーンなど世界各国で上演され、500万人以上を動員、 CD・DVD総売り上げ700万枚以上の傑作ミュージカルとなりました。

 

モンタギュー家とキャピュレット家の対立を表すアクロバティックな激しいダンス、 ロミオとジュリエットに芽ばえる純粋な愛情を彩る美しい音楽。 そして激しい思いをロックミュージックにぶつけるマーキューシオや大公、 ひとり残されるベンヴォーリオの苦悩に焦点を当てるなど、新鮮な解釈も面白い要素です。

 

この世界的大ヒットミュージカルを日本では2010年に宝塚歌劇団星組で初演。 その後、雪組・月組で相次いで上演され、宝塚歌劇団においても大ヒット作品となりました。 2011年秋には宝塚歌劇団での上演を成功に導いた、日本ミュージカル界を牽引する演出家・小池修一郎氏により、 日本オリジナルバージョンとして上演し大ヒットを記録。 2013年にも再演し、計16万人を動員、その後2017年1月には、 振付・美術・衣裳などを一新した新演出版として上演。 失われた世界に燃え上がるひとすじの恋と情熱をパワフルなパフォーマンスで描き出し、大好評を博しました。

 

そして2019年、フレッシュなキャストを迎え、感動のミュージカルに新たな歴史が生まれます。 日本ミュージカル界を熱狂と感動の渦に巻き込む「ロミオ&ジュリエット」の新たな1ページにご期待ください!

公演概要

時間

3/22(金) ロビー開場/17:45 開場/18:00 開演/18:30

3/23(土) ロビー開場/10:45 開場/11:00 開演/11:30

3/23(土) ロビー開場/15:45 開場/16:00 開演/16:30 ★

3/24(日) ロビー開場/10:45 開場/11:00 開演/11:30

3/24(日) ロビー開場/15:45 開場/16:00 開演/16:30

 

★3/23(土)16:30公演のみアフタートーク開催 <古川雄大、木村達成、黒羽麻璃央、廣瀬友祐 (予定)>

料金

S席13,000円 A席9,000円(税込)

発売日 2019年11月3日(土)10:00~
主催

主催:中京テレビ事業

共催:刈谷市・刈谷市教育委員会・刈谷市総合文化センター(指定管理者:KCSN共同事業体)

企画・制作:TBS、ホリプロ、梅田芸術劇場

お問い合わせ

中京テレビ事業 052-588-4477 10:00~17:00(土日祝 休業)

 

キャスト・スタッフ

【原作】 ウィリアム・シェイクスピア

【作】 ジェラール・プレスギュルヴィック

【潤色・演出】小池修一郎

 

【出演】古川雄大/大野拓朗(Wキャスト)、葵わかな/木下晴香(Wキャスト)

    三浦涼介/木村達成(Wキャスト)、平間壮一/黒羽麻璃央(Wキャスト)、渡辺大輔/廣瀬友祐(Wキャスト)

    春野寿美礼、シルビア・グラブ、岸祐二、宮川浩、秋園美緒、姜暢雄、石井一孝、岡幸二郎

    立川真也(くるくるシルク) 藤居克文(くるくるシルク) 高橋徹(くるくるシルク)

    大貫勇輔 ほか

 

※生田絵梨花、宮尾俊太郎は愛知公演に出演いたしません。あしからずご了承ください。

※キャストは公演日時により異なります。

※やむを得ない事情により、出演者が変更になる場合がございます。

刈谷市文化センター アイリス

住所
〒448-0858 愛知県刈谷市若松町2-104
施設利用受付時間
9:00~22:00
チケット販売受付時間
10:00~21:00
休館日
毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時休館する場合があります。
お問い合わせ
TEL:0566-21-7430 FAX:0566-21-7440

PAGETOP