井上道義 プロフィール

井上 道義(いのうえ みちよし)Michiyoshi Inoue, Conductor


井上道義 〉〉(c)Orchestra Ensemble Kanazawa

1946年東京生まれ。桐朋学園大学にて齋藤秀雄氏に師事。1971年ミラノ・スカラ座主催グィド・カンテルリ指揮者コンクールに優勝して以来、一躍内外の注目を集め、録音をはじめ世界的な活躍を開始する。1972年にはセルジュ・チェリビダッケ主催の講習会に出席し1位になり、才能を高く評価された。


1976年日本フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で日本デビュー。1977年から1982年までニュージーランド国立交響楽団の首席客演指揮者、1983年から1988年まで新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を務め、東京文化会館定期で国内オーケストラ初のコンサート・オペラ≪コシファントッテ≫における演出兼指揮を行った。1990年から1998年まで京都市交響楽団の音楽監督、常任指揮者を務め、斬新な企画と豊かな音楽性で注目を浴びた。1994年、東京でバーンスタイン≪ミサ≫(演奏:京都市交響楽団)演出兼指揮を担当し、日本語を多用し当時、物議を醸した。1997年、京都市交響楽団として初のヨーロッパ・ツアーを行い、大成功を収めている。


1993年にはシカゴ交響楽団にラファエル・クーベリックの代役として定期公演に登場、好評を持って迎えられたために、1994年10月にも再び定期演奏会に招かれた。またロイヤル・フィルも定期的に指揮している。これまでにマーラー作曲交響曲第4番、第5番、第6番のレコーディングを実施。そのほか、ベルリン(RIAS)、ハンブルク(NDR)、シュトゥットガルト(SDR)、バーデン・バーデン(SWDR)の各放送交響楽団、ケルン・ギュルツニッヒ管、ミュンヘン・フィル、ドレスデン・フィル、スカラ・フィル、レニングラード響、フランス国立管、フランス国立ロワール管、リール国立響、ブタペスト祝祭管、ハンガリー国立管、ルーマニア国立放送響、ボルティモア響、KBS響、台北国家響、および、ベネズレラ、オーストラリア、に登場している。


また、オペラの世界では、1999年4月より、Bunkamuraオペラ劇場≪トゥーランドット≫を3年間にわたり指揮。スコットランド・エディンバラ国際フェスティバルとの共同制作により、1999年夏にエディンバラでも上演、現地の聴衆に新鮮な衝撃を与えた。その後、マルセイユ歌劇場にて≪蝶々夫人≫、≪ナクソス島のアリアドネ≫、新国立劇場にもプッチーニ≪ラ・ボエーム≫、≪運命の力≫を客演。2000年9月より3シーズンにわたって新日本フィルハーモニー交響楽団首席客演指揮者として、≪道化師≫、≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫、≪死の都≫、≪ナクソス島のアリアドネ≫という意欲的な演目を取り上げ、自ら演出も担当しセンセーショナルな成功を収めている。


1999年から2000年にかけて、マーラーの交響曲全曲演奏会を10回シリーズで、新日本フィルハーモニー交響楽団とすみだトリフォニーホールにて行い、「日本におけるマーラー演奏の最高水準」と高く評価された。2007年、日露5つのオーケストラとともに「日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏プロジェクト」を東京・日比谷公会堂にて開催。音楽・企画の両面で大きな成功を収めた。


1990年ザ・シンフォニーホール「国際音楽賞・クリスタル賞」、1991年「第9回中島健蔵音楽賞」、1998年「フランス政府芸術文芸勲章(シュヴァリエ賞)」、2009年「三菱UFJ信託銀行賞≪歌劇イリス≫」、2010年「平成22年京都市文化功労者」、社団法人企業メセナ協議会「音もてなし賞(京都ブライトンホテル・リレー音楽祭)」を受賞。


2007年1月よりオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、ならびに石川県立音楽堂アーティスティック・アドバイザーに就任。ラ・フォル・ジュルネ金沢を含む多くの実験的企画を敢行し続けている。自宅にアヒルを飼っている。


井上道義 オフィシャルサイト







刈谷市総合文化センター

■住所

〒448-0858
愛知県刈谷市若松町2-104
TEL:0566-21-7430
FAX:0566-21-7440
mail:info@kariya.hall-info.jp

■受付時間

施設利用受付:9時~22時
チケット販売受付:10時~21時

■休館日

毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時
休館する場合があります。

モバイル版刈谷市総合文化センター

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。