「はるかにつながる空の下」関連イベント 1日限定鍵ハモ100人隊結成!

市民劇「はるかにつながる空の下」関連イベント「1日限定 鍵ハモ100人隊 結成!」
刈谷産業まつり・屋外ステージでピアニカ、メロディオンの名前でお馴染みの「鍵盤ハーモニカ」
を演奏する仲間を大募集!
「文化工房かりや」では、鍵盤ハーモニカ100人での演奏に挑戦する「鍵ハモ100人隊」の
メンバーを大募集します。
作曲・指揮を務めるのは、市民劇「はるかにつながる空の下」で音楽を担当する橋本知久さん。
楽器を持っていなくても、音楽経験がなくても、子どもから大人まで誰でも参加できます!
一緒にあなたの音を響かせてみませんか?

※このページの一番下に演奏の動画と楽譜をアップしました!参加する人は見ておいてくださいね!(10月25日)

橋本知久(作曲・指揮)さんよりコメントをいただきました!

  ──全員にとって「素晴らしい町、刈谷!」という提示ではなく、それぞれが迷いながらも感じ合い、
  考え、選び、進んでいく。そんな刈谷の人々を描きたい・・。

  演出・脚本を担当される川村ミチルさんとともに、
  町のフィールドワークを経て話し合った、
  今回の市民劇のコンセプトとも言える方向性です。

  プレイベントの作品を作曲するにあたって、この公演の目指す世界観をなんとか音楽で表して
  みたいと考えました。リズムを刻む縦糸に、参加者それぞれがその人なりのアレンジを加えて奏でる
  音が横糸となって、紡がれる音のつづれ織(タペストリー)。そんなイメージが浮かびました。

  子どもたちも学校で使っている鍵盤ハーモニカという身近な楽器を使って、
  年齢も職業も関係なく、みんなで刈谷の町にカラフルな模様を描き出します。
  ご家庭で眠っている楽器たちもこの機会に息を吹き返してもらいましょう。
  主役はあなたです。さぁ、みなさん、出番ですよー!
  (2015年9月3日 橋本知久)

橋本知久
【プロフィール】
作曲・振付・演出を統合する「時間芸術家」として、100人で石を打つ「イシノオト」
(あいちトリエンナーレ2013)、倉庫内でヒト・モノ・コトが多層的に交差する市場
「キャナル・マルクト・フェスタ」など参加型アートを発表。
最近では鍵盤ハーモニカ奏者TOPAとして演劇やダンス、朗読との共演など、
鍵ハモの可能性を広げるユニークな活動を国内外で展開。
名古屋出身。オランダ王立音楽院作曲科修了。
2011-2014年愛知県立芸術大学非常勤講師。
2015年12月20日(日)上演の市民劇「はるかにつながる空の下」では音楽を担当。

開催概要

講師:橋本知久〈 Tomohisa Hashimoto 〉(アトリエ・ラーノ代表)

<ワークショップ(事前練習会)>
日程:10月4日(日) 18:00〜20:00
10月18日(日) 18:00〜20:00
※2日間のうち、どちらか1日の参加でも可能
会場:刈谷市総合文化センター リハーサル室1

<当日>
○リハーサル
日程:11月8日(日)9:00 〜 12:00
会場:刈谷市総合文化センター リハーサル室1
○「1日限定 鍵ハモ100人隊 結成!」本番
日程:11月8日(日)13:00頃(13:30頃解散予定)
会場:刈谷市産業振興センター(刈谷市相生町1-1-6)
※「刈谷産業まつり・屋外ステージ」への出演となります。

参加条件

エントリー資格:4歳以上(音楽経験不問)で、ホームページやSNS、YouTubeなどへの
動画や静止画での公開を許諾いただける方。
※中学生以下の方は保護者の同意が必要です。
参加申込書をダウンロードの上、必要項目と保護者の署名・捺印をし、刈谷市総合文化センターへ
直接お持ちいただくか、ご郵送ください。
定員:100名

持ち物:鍵盤ハーモニカ(メーカー、機種、鍵盤数不問)、筆記用具、楽譜
※鍵盤ハーモニカをお持ちでない方は、楽器の貸出しもあります。
※参加費:無料。
※謝礼・交通費の支給はございません。

あなたの参加タイプはどのタイプ?

参加方法はA,B,Cの全部で3種類!

演奏で参加する方は、A or Bタイプ

<参加タイプ:A>
事前練習会から参加(事前ワークショップ&リハーサル)+本番
※ワークショップは2日間のうち、どちらか1日の参加でも可能。
申込締切:10月15日(木)まで延長します!まだまだ沢山のご応募待ってます!
<参加タイプ:B>
当日のみ参加(リハーサルのみ)+本番
※すぐにできる簡単なパートです。安心してご応募ください。
申込締切:10月22日(木)

演奏参加の申し込み方法

参加申込書をダウンロードの上、直接刈谷市総合文化センター受付へお持ちいただくか、
メール、ご郵送にてお申込みください。
※参加方法で締切日が異なります。ご注意ください。

>>お申込書のダウンロードはこちら(EXCELファイルPDFファイル

送り先 〒448-0858 刈谷市若松町2−104
刈谷市総合文化センター 「文化工房かりや」 鍵ハモ100人隊応募係まで
メールアドレス event@kariya.hall-info.jp
※申込受付完了の返信をお送りしますが、一週間程度かかる場合があります。一週間以上経過
 しても返信がない場合は、お手数ですが刈谷市総合文化センターへお電話ください。

楽器の提供で参加する方は、Cタイプ

<参加タイプ:C> ※参加申込書の提出は不要です
参加したかったのに他の予定が入っていた、ステージ出演はちょっとなぁ・・・そんな方は、
楽器提供でこのイベントに関わってみませんか?
企画の実現には多くの楽器が必要になります。ご家庭に不要な鍵盤ハーモニカがある方は、ぜひご提供ください。
なお、イベント終了後には海外への寄付を計画しています。
ご返却いたしませんので、予めご了承ください。

<回収条件>
・全ての音が出る状態の良いもので、ハードケース入りが望ましい。
・洗浄済みのホースまたはマウスピースなど、演奏のための付属品がそろっているもの。
※メーカー、機種、鍵盤数は問いません。

<注意事項>
条件外のものは処分となりますので、条件に合うものをお持ちいただきますようお願いいたします。

<提供方法>
刈谷市総合文化センターまで直接お持ち込みください。(要事前連絡、参加申込書は不要。)

<回収期限>
11月7日(土)

~ 押入れの奥で眠っている鍵盤ハーモニカ、また誰かと一緒に歌える日を夢見ています ~

楽器貸出しをご希望の方へ

鍵盤ハーモニカをお持ちではない方は、貸出しをいたします。
※お貸しする楽器は使用済みのものです。
※貸出楽器は一般家庭から回収した楽器(このイベントで使用した後に海外の子供たちへ寄付予定)、と、
 鍵盤ハーモニカ普及活動に使用している楽器を(株)鈴木楽器製作所様よりお借りしたものです。
 大切にお使いください。
※唄口は洗浄してありますが、使用をためらわれる場合は唄口のみ購入できますので各自で楽器店や
 通販にてご購入ください。(お貸しする楽器の機種はお問い合わせください)
※本番当日の11月8日(日)のみ貸出しをご希望の方は、当日受付時に楽器をお渡しします。
 事前に練習のため、長期貸出しをご希望の方は、最初に参加される事前練習日にお渡しします。
 なお、原則上記2種類の貸出しとなりますが、事前練習日より前からの長期貸し出しを強く
 ご希望される場合は、お問い合わせください。

参加される方へ(動画と楽譜)

Sチーム、Aチーム、Bチームの方へ、全体の構成表

下の図をクリックすると大きなPDFの図がダウンロードできます。

Aチームの方(事前練習した方、もしくは音楽の腕に自信ありの方。)

動画その1:シーン1、2(上の構成表の「1~8」に対応しているよ!)


動画その2:シーン3、4、5、6


動画その3:シーン7、8


>>楽譜はこちらからダウンロード!

Bチームの方(当日ぶっつけ本番で参加される方)



>>Bチームは楽譜は無し!動画を見て事前予習をしましょう。




刈谷市総合文化センター

■住所

〒448-0858
愛知県刈谷市若松町2-104
TEL:0566-21-7430
FAX:0566-21-7440
mail:info@kariya.hall-info.jp

■受付時間

施設利用受付:9時~22時
チケット販売受付:10時~21時

■休館日

毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時
休館する場合があります。

モバイル版刈谷市総合文化センター

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。