MENU

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

色を変える

  • 標準

ホール利用申し込みの流れ

利用申し込みの流れ

市民ホール(大ホール・小ホール・リハーサル室)

※連続利用は5日間まで

受付場所

センター窓口 受付時間:9:00~21:45

※センター窓口のみ受付です。

受付期間

利用日の12か月前の月の1日~利用日の20日前まで

※1日が休館日の場合はその翌日の開館日

抽選の実施

受付期間の初日には「抽選受付」を行います。抽選の流れはこちら

※以降は先着順に受け付けます。

利用申請

受付時に「利用許可申請書」をご記入していただきます。

 

【利用許可申請書記入項目について】

  • 申請者住所、氏名又は団体名、代表者、電話番号(※請求書等の宛名になります)
  • 利用施設名
  • 利用日時(準備から本番撤収までの時間)
  • 催し物名と利用目的
  • 利用当日の運営責任者名(連絡先)
  • 出演者数・スタッフ数・入場者数見込み
  • 入場料の金額設定
  • その他:他施設の併用利用希望、付帯設備の要否、ピアノ機種等

利用の許可

利用許可申請に基づいて算出された施設利用料を、センター窓口または指定金融機関でお支払いください。

 

センター窓口でお支払い → 「利用許可書」を交付します。利用当日の利用開始前にご提示いただきます。再発行はいたしませんので、大切に保管してください。

指定金融機関でお支払い → 「利用許可書」は交付されません。利用当日の利用開始前に領収書をセンタースタッフに提示してください。

利用前の準備

  • 利用日の1か月までに、センタースタッフと、公演主催者、舞台責任者、受付責任者の事前打合せを行います。
  • 利用のない日の施設の下見や、広報としてポスターやチラシを設置することが可能です。
    ※詳細はご相談ください。

利用当日

付帯施設使用料金、追加利用料金等は、当日に全額現金にてお支払いいただくか、納入通知書を発行いたします。

利用の制限・取消

次の事項に該当する場合は、利用の制限、または許可の取り消し及び中止をさせていただくことがあります。その場合、刈谷市民ホール条例またはこれに基づく規則で定める場合を除き既納の使用料は還付しません。

  1. 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めたとき
  2. 建物及び附属設備を害するおそれがあると認めたとき
  3. 管理上支障があると認めたとき
  4. その他教育委員会が適当でないと認めたとき
  5. 利用者が刈谷市民ホール条例及び刈谷市民ホール条例施行規則に違反したとき
  6. 利用者が不正な手段により許可を受けたとき
  7. 災害その他の事故によりホールの利用ができなくなったとき
  8. 公共の福祉のため、特に必要があると認めたとき
  9. ホールの設置目的にそぐわないと認められるとき

利用の変更・キャンセル

  • 許可を受けた利用日時間区分や入場料金区分等の変更が生じた場合または利用の取消を希望される場合は速やかにセンターへご連絡のうえ、所定の手続きをおとりください。変更内容に合わせて使用料の追加請求や還付(返金)を行います。
  • 利用日前3日までに利用許可の変更の申請、または取消の届出がなされない場合、使用料全額をお支払いただきますのでご注意ください。

刈谷市文化センター アイリス

住所
〒448-0858 愛知県刈谷市若松町2-104
施設利用受付時間
9:00~22:00
チケット販売受付時間
10:00~21:00
休館日
毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時休館する場合があります。
お問い合わせ
TEL:0566-21-7430 FAX:0566-21-7440

施設利用 ―使う―

PAGETOP